【国際カップル必見】外国人彼が国際結婚を考えた瞬間

【国際カップル必見】外国人彼が国際結婚を考えた瞬間

どうも、(@jp_coyu)です。

 

外国人とお付き合いしている方は、絶対考えるであろう将来のこと。

彼が国に帰ってしまったらとか、リミットを考えなければいけない国際恋愛は大変で、考えれば考えるほど悲しくつらく感じるかもしれません。

 

私も今の主人と日本でお付き合いしていた時にリミットのことをよく考えていました。

アメリカと日本で長距離国際恋愛をしていたから、この先何かがあってまた遠くなっても大丈夫だろうと思っていても、結局近くにお互いがいたほうがいい。

 

国際恋愛をしているけど、本当のところ距離が弊害になって私たちの恋愛が終わってしまったら。。

 

今回は国際恋愛をし始めたカップルや、何年も国際恋愛をしているカップルへ、国際結婚した夫婦から聞いた、外国人夫が結婚を考えた瞬間とは?について紹介します。

 

彼女がすべてをオープンにしてくれるようになった時




カップル

カルチャーからか自分のありのままを見せるのが苦手な日本人。

そしてもし嫌われたらどうしようと考えてしまい、本当に言いたいことも言えない人が多いのでは?

 

海外では言いたいことは言うのが文化です。

時々ストレートすぎることもありますが、言いたいことを言うことで後々たまるストレスや怒りを軽減できるのでいいと思います。

付き合い始めの時はもちろん何も言えないのが当たり前かもしれません。

でももしも付き合っていく過程で何か違うと感じたら素直に言うのが国際恋愛の基本。

外国人彼氏のお国によって素直さのレベルは違ってくるかと思いますが、少なくともアメリカ人は思ったことははっきり言います。

だからと言って言いたいことを言うだけ、喧嘩ばかりの関係じゃなく、関係をよくするために議論をできるカップルになってきたなと感じるときに外国人彼が結婚をしたいと思うといいます。

 

そして、ありのままを見せるようになった時。

ノーメイクでパジャマで絶対に他人に見せられない格好でも、普通に見せるようになって、一緒に過ごすのが心地よくなったと思うときに結婚を考えるといいます。

関連記事↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




【国際恋愛】国際カップルがよくするデートは?

外国人は外見で選ぶというより中身をよく見ます。

デーティング期間なども人によってはある海外の文化からか、中身で自分ときちんと続くかありのままを受け入れあえるか考えます。

関連記事↓↓↓↓↓↓↓↓↓




【国際恋愛】外国人は告白しないのは本当?正式カップルになるまで




いつも着飾って、化粧をしてお出かけばかりしているカップルより、家で本当に生活をするようにデートをする国際カップルのほうが国際結婚に至る確率は高いです。

 

ビザ関係で彼女との将来を真剣に考えた

国際結婚

 

この意見が一番多かったです。

このビザ関係というのは、ビザ目当てで結婚するということでは決してないです。

ビザの期限切れなどが迫って来るうちに、恋人との関係も終わってしまうのかもと考えるそうです。そしてその時に初めて将来のことを考えてみて、その恋人のことも再度きちんと考えるそうです。

やはり本当に愛していて、離れ離れになるのが嫌ならば、ビザの有効期限をきっかけに結婚しようと考える人も少なくないです。




でも、国際結婚ていうのは夢だけじゃ絶対に無理です。

外国人彼のほうが日本に住むとしても、日本での契約や重要なことはネイティブなあなたが、海外に住むとしたら本当にあなたは海外でやっていけるのか?

きちんと考えても答えが出ないかと思いますが、付き合っていく段階でそういう面を支えあえて手続きや面倒なことを共同で行える人でないと無理かと思います。

この先結婚したから終わりというわけでない国際結婚は、やはり日本人同士の結婚より労力や理解力、強くないとやっていけないからです。

 

強く生きれる女性だと思った

女性




一人でも生きられる、彼氏やパートナー無しでも人生を謳歌している人は好かれやすいですね。

いつでも甘えていたり、自分の意見を言えない人は自立がまだとされて結婚の対象にされないかも。

 

外国人彼が結婚を考える瞬間が、海外に旅行に行ったときにネイティブの自分に会話を頼むのではなく、カフェやレストランで自分で言いたいことを言っている場面を見たときに、この女性なら一緒に結婚して支えあえると考えるそうです。

 

これは一概かもしれませんが、強く生きている女性は、女性から見ても本当に魅力的。

 

家族と仲良くしているところを見た瞬間

家族

アメリカに限定して言うので、ほかの国はちょっと異なるかも。

アメリカ人は彼女の存在ができたら家族に報告をすぐします。

そしてできれば紹介をすぐにでもします。

 

そして彼の家族のイベントごとに頻繁に招かれます。

最初は緊張しますが、時間を過ごすごとに外国人彼の母親と2人だけでショッピングやカフェに行ったりすることも。

そんな仲の良くなった状況を見て外国人彼は結婚したいなと思うそうです。

日本では基本的に結婚の報告をするときなどかしこまって会うことが多いかと思いますが、こっちは本当にフランク。

外国人彼の家族との仲の良さは評価が高いです。

自分のやりたいことをでき、2人の時も充実しているから

時間

これも本当に多かったです。

自分の夢を追っている外国人はとても多いです。

それはきっと受けた教育からだと思います。

研究者、俳優、医者、、、、小さいころからの夢を恋愛で壊されたくないと思っています。

というか、夢は恋愛で壊されるべきでないと考えます。

自分投資のための時間は精一杯使います。

 

だから彼らが理想としているカップル像は、相手に依存することなくしたいことや夢を終える人と一緒になりたいということです。

1人でも楽しんでいる人、でもカップルでいるときももっと居心地がよく楽しいっていう関係になれた時には結婚をしたいと思ってきます。

老後が見えた




国際結婚

将来を見る人が多いです。

いくら国際結婚は離婚率が高いからと言っても、結婚するとき彼らは将来を考えます。

いつか最悪の状況に変わってしまうという想定はせず、現状で老後を共に過ごせる相手かを考える人も少なくないそうです。

 

海外では、国際結婚の場合でなくても、離婚するカップルは本当に多いです。

何年も合わない相手といる方が不健康。

変われない環境だから、離婚できないってこともあるかもしれないですけど。

そんな離婚率の高さから、若い人達は結婚をすることに億劫になっていたりします。

億劫になるからこそ、結婚を意識するときには、将来を大変深く考え、それから結婚に至るケースが多いそうです。

理想ですよね。

おじいちゃんおばあちゃんになっても手をつないでラブラブなカップルは。




最後に

あなたの外国人彼もプロポーズする瞬間はこのどれかかも。

どんな理由でも、結婚して幸せな家庭を築ける将来図が見えたらいいですね。

私も長期思っていた、結婚するならどのタイミングか。

彼のタイミングか、私のタイミングか、2人でちょうどいいタイミングなんてあるのか??

私たちは彼のアメリカに帰るタイミングと、私のやっていたことが終わったタイミングで結婚しました。

いつでも遅らせていくと、きっとタイミングなんて二度とこないかも。

タイミングはここだと思ったら踏み込んだ方がいいです。

どんなに若くても。

 

私の友人は、20代に入ってすぐに国際結婚しました。

その友人は日本でキャリアを積んで結婚は30過ぎにしたいと言っていた子です。

その友人の外国人彼も同い年で、大学もキャリアを追うために医学部に行きました。

外国人彼も結婚なんか上の空。その彼は結婚の「け」の字すら出てなかったといいます。

そんな2人が出会って、恋に落ちました。

彼が学校を卒業後日本に住んでくれ、ビザの失効とともにアメリカで結婚したそうです。

2人はお互いに会うまで結婚を意識していませんでした。

でも彼が結婚したいと思った理由があったそうです。

それが、「2人がずっと一緒にいる風景を想像できたから」だそうです。

2人が一緒にいることが弊害となって夢がなくなる想像ができなかったし、別れる想像がつかなかったからという理由だったそうです。

 

国際恋愛を初めたばかりの方、長期間の国際恋愛をしている方が疑問を抱く結婚のタイミング。

参考になればうれしいです!

 

 

 

 

国際恋愛カテゴリの最新記事