知っておきたい!外国人彼氏との連絡の頻度。メール、電話どのぐらいなの?

知っておきたい!外国人彼氏との連絡の頻度。メール、電話どのぐらいなの?

どうも、(@jp_coyu)です。

 

外国人彼氏を持っている方はとても気になる連絡の頻度。

あまり周りに国際恋愛をしている人がいないと尚更どのぐらい取ったらいいか悩みもの。

 

国際恋愛ってみんなどのぐらいの頻度で連絡しあっているの?

 

今回は国際カップルへ、「外国人と付き合う際に知っておきたい連絡の頻度」についてお話します。




国際カップルの連絡頻度は?

国際恋愛

国際恋愛は日本人との恋愛より連絡回数が多いかと思います。

それは最初の付き合いはじめだけでなく、日を増すごとに連絡も多くなってくるかも

というのも、付き合う=2人で1つ、何でも共有するものという概念があるのか、朝のおはようから昼の休憩時間、仕事が終わった時に電話が来て一日の報告をしたりします。

何でも共有したい人が非常に多く、それは束縛とはまた違った感覚です。

 

日本人は駆け引きの恋愛をする人が多いです。

相手が何かをやるから自分もやる、相手が何もしなかったら自分も何もしないほうがいいと考える人たち。

国際恋愛は違います。

連絡が一方から来なくても送り続けます。

そして相手が何かをしなくても、自分が何かをしてあげたいからするというすごくシンプルな考えなので、連絡もそんな感じです。




遠距離をしていると変わる?

国をまたいで時差がある遠距離の国際恋愛をしている人はまた変わってくるのでしょうか?

これ実はあまり変わらないと思います。

やはり国の時差によって、お互いの仕事内容や環境によって変わってくるかもしれませんが、パートナーとして交際をすると連絡は絶対に毎日とりますし、そして声を聴きたいと電話を毎日少しの時間でもします。

外国人は特に毎日の報告、コミュニケーションを図ることは、付き合ううえで大切なことと考えてくれます。

 

国際カップルの連絡手段は?




国際恋愛

連絡手段は主にメールが多いでしょう。

朝起きたらメールでおはようから、お昼休憩にはちょっとしたコミュニケーションを図るために連絡を取り合います。

そして仕事が終わり歩いている最中に話がしたくて電話がかかってきます。

 

コミュニケーションは付き合ううえでとても大切なことと考えていて、いくら会えなくてもお互いの日常を共有することで関係性が良くなると思っています。

 

コミュニケーションを図ることは本当に大事なことです。

仕事や友人を優先してしまって、忙しさに負けて恋人とのコミュニケーションを図れないようなのは絶対にダメ。

 

私が思うのは日本人同士の恋愛では、コミュニケーション不足しがち。

実際に国際恋愛をしてみないとどれだけ日本人との恋愛は会話にかけているか気づくことができないかも

もし連絡があまりなかったら?

国際恋愛




日々の細かいことでも共有したいと思っている彼らのとの恋愛は、連絡が多いとお話ししましたが、連絡が来ないという事はお付き合いしているのか疑ったほうがいい場合も

連絡があまり来なくて、電話もあまりしなくて不安に思っているのなら聞いてみましょう。

 

私が経験したことは、お付き合いしているのかもと思っていた人と連絡を取るのはいつも私。電話は基本的に相手からのみ。

あとからちゃんとその外国人に聞いたら、デーティング期間中だったという事でした。

デーティング期間は彼らにとっては必要なものとして考える人が多く、そういった場合は連絡ももちろん少ないんです。

関連記事↓↓↓↓↓↓↓↓




【外国人あるある】付き合う前のデーティングの実態は?




【国際恋愛】外国人は告白しないのは本当?正式カップルになるまで

だから連絡回数が少なく、きちんとコミュニケーションが図れていないようだったら、素直に聞いてみましょう。

連絡を取るときに気を付けること

国際恋愛

国際恋愛をしている方に参考にしてほしい、連絡を取るときに外国人が本当は聞きたいことや関係性が深まることをお伝えします。

愛を伝える




やはりこれ一番大事。

毎日何回でもいいので愛の言葉を伝えましょう

言いすぎたら愛の言葉の力が弱くなるとか、久々に言ったほうが嬉しい気持ちになるかもとか国際恋愛では通用しません。

何回でも伝えることが国際恋愛において成功していく過程です。

 

まだ「I love you」という言葉を言う関係でなくても、沢山いえる言葉はあります。

「I think of you」

「I like you so much」

「I care about you」

など。

そういった言葉を電話でもメールでも伝えましょう。

感謝を伝える




海外の人はSorryよりThank youが好きです。

いつでも何かをしてくれたら、電話をしたらありがとうと感謝の気持ちを伝えましょう。

ありきたりにならないように、いつでもあなたを思っているよという気持ちを伝えることがとても大事なことです。

素直な気持ちを伝える




もし不安になったら、もし1日が良くなかったら、もし会いたかったら絶対に素直に気持ちを伝えてください。

日本人は何を考えているかわからないと世界中で言われますが、恋愛においても国際恋愛では言われがち。

自分の気持ちをはっきり伝えるのに慣れていない私たちは、素直な気持ちを伝えたらどれだけ相手が嬉しいのかわからないかも。

でも国際恋愛をしていていいところというのが、自分の気持ちを素直に伝えていいんだという事。

 

関係性に不安を感じたりしてもすぐに修正できるように言いましょう。

なんでも素直に伝えるのがいいです。

喧嘩をしない

素直に伝えましょうといいましたが、喧嘩をすることは素直に伝えるという事とは違います。

電話やメールでの喧嘩は絶対ダメ。

電話は大切なコミュニケーションつーるだけども、行ってしまえばつなぎとめるための道具。

本当に合わなくては相手の表情や暖かさは感じられないものです。

そんななか喧嘩しても何にもいいことはない。

連絡した際は絶対に喧嘩をしないようにしましょう。

 

最後に

私は結婚した今でも、一緒に住んでいるにもかかわらず仕事の合間時間ができたら連絡を取り合い、彼が仕事が終わると電話がかかってきます。

そして家では一日のことを話します。

どんなにくだらなくて話さなくてもいいこともコミュニケーションが大事だと国際恋愛をしてわかりました。

 

国際恋愛を成功させるにはコミュニケーションを取ることはとても大事です。

実際にあって話をした方が一番ですが、メールや電話も細かくしてもマイナスなことなんてないです。

国際恋愛カテゴリの最新記事