愛しているって言われてる?外国人が意味するI love youの意味は。

愛しているって言われてる?外国人が意味するI love youの意味は。

どうも、(@jp_coyu)です。

 

海外映画やディズニー映画、海外ドラマの影響で小さな時から「I love you」という言葉にあこがれを持ったことは一度はあるかと思います。

私もすごく憧れでしたし、外国人の方はみんなパートナーになる人にはすぐに「I love you」を伝えるかと思っていました。

 

いつか誰かに言われたいな。外国人の愛情表現てすごい!

 

でもその「愛している」の言葉はどのようなときに使われて、みんな海外の人は使っているの?と考えたことはありますか?

 

今回は、「I love you」の言葉についての記事です。

 




I love you はみんな使うの?重要さは?

国際カップル

 

洋画や海外ドラマの影響で「I love you」という言葉にあこがれていました。

海外の人はみんな使うのかと思って今いたが、みんなではないという事を国際恋愛をしてから知りました。

使うか使わないかは国によってやはり差はありますし、人によって育ってきた環境によってやはり違います。

私が知っている各国の事情についてお話します。




アメリカ・オーストラリア人の「I love you」への意識

アメリカ人やオーストラリア人は感情を伝えるのがうまい人が多く、愛情表現はもうできるだけ身体全体で言葉で伝えます。本当にわかりやすく、愛されていると感じる場合が多いです。

でもだからと言って誰にでもすぐ「I love you」という言葉を使うのではなく、本当に心から伝えたいと思ったら言います。

家族や大事な人には1日何回でも「I love you」と伝えます。

 

人によっても異なりますが、お付き合いをして1日目で「I love you」を言われたことがある人も本当に多く、それって遊びたいからただ単に甘い言葉を言っているのではなく、彼らが意味するのは本当に心の底からの気持ちなんです。

イギリス人の彼の「I love you」への意識

イギリス人はイギリス人同士でも愛情表現が苦手な人が本当に多いです。

シャイな人も本当に多い。

最近の調査ではイギリスでは友人を作るのに手間取っている人が多く、人の付き合い方がフランクでない場合が多いという事でした。

そんな彼ら、やはり恋人をつくるのもなかなか困難している場合が多いです。

 

イギリス人との国際恋愛は、愛を確かめたくなるほどミステリアスに感じることもあります。なんで言ってくれないんだろうという背景にはイギリス人の育ってきた環境や国民性があるのかと思います。

長い間言ってくれないことも本当にありますし、だからこそ言ってくれた時は本当に心から嬉しくなるかと思います。

でも紳士さや落ち着きさはイギリス人の特徴で、国際恋愛では大人な恋愛ができるかと思います。

イタリア・フランス人の彼の「I love you」への意識

英語圏ではないですが、イタリア人とフランス人の彼を持っている友人たちの話によると、「i love you」の頻度は多いし、お付き合いする前からアタックに加えて「I love you」の言葉をもらっていたと両者とも言っています。

普段から女性をほめるのがとても上手で女性がうれしく思える瞬間も本当にたくさんあります。

でも彼らが意味する「I love you」は軽く使われることもあるかも。

全ての人ではもちろんないですし、その言葉の重要性も彼らは知っていますが、英語圏の人たちが使う「I love you」とはちょっと違う感じがします。

もっとフランクでその場を楽しく過ごしたいという意味も込められているかも。




カナダ人の彼の「I love you」への意識

カナダ人はめったに「I love you」と伝えないかも。

アメリカ人と比べると感情表現が苦手というか抑え気味な気がします。

 

それは普段の場でも感じるかも。

はっきり言い、たまに論争が止まらなくなる隣の国のアメリカ人とは本当に正反対なことに、意見の衝突も少なく穏やかで少しシャイな人が多いカナダ人。

私的に紳士かと思います。

友人にも「I love you」と言われないと長年疑問を持っている子もいますが、それはお国柄かもしれません。

I love you と言われるまでの期間は?

愛してるI love youと言われるまでの期間は上記の通りお国によって違います。

でもどこの国もその国なりに「I love you」は本当に重いもので、大事な時に大事な人に伝えたいという気持ちが強いです。

あなたが国際恋愛をしてすぐに彼に言われるかもしれないですし、それは彼が本当に伝えたくてしょうがなかったから。

 

長期間「I love you」という言葉を言われたことがないという人は、もう少し待ってみてもいいかも。

本当は言いたいし、心から大事に思っているのだけどシャイだしどのタイミングで言えばいいのかわからないという人も多いからです。

長期間待った後の「I love you」の言葉は本当に心にしみます。いくら彼の自分に対する愛を知っていたとしても、その言葉を聞いた途端報われたというか安心感に浸ります。

I love you と言われないから不安。




不安

外国人だから「I love you」を絶対使うだろう。というのはやはり洋画の見すぎかも。

日本人より感情表現が豊かだといわれている彼らでも、国によって育ってきた環境によっては全く「I love you」を使わないことも。

そこを彼氏は外国人という枠でくくってお付き合いを続けていると言われないことに不安を抱きます。

どんなことでもそうかもしれませんが、国際恋愛で大事だと思うのが「外国人だから、外国人だから」という言い訳や考えをなるべく無くすことです。

外国人だからと思うより、その人の育ってきた環境をきちんとお付き合いするうえで見ること、そして一生「I love you」と言われなくても愛を感じていればそれでいいんだと思います。

 

「I love you」を待っているあなたは、もしかしたら大事な時に言いたいと彼は思っていてそのタイミングを待っているか。

もしくはまだI love youという気持ちに達していないのか。

育ってきた家庭が「I love you」と伝えあわなかったのか。




最後に

私はイギリス人の彼とお付き合いしていた時には一度も「I love you」を言われませんでした。

当時はなんで言われないのか、本当に付き合っているのかと不安になりました。

 

でも彼の精いっぱいの言葉での愛情表現が「I think i like you」から「I care about you」になり、最終的には「 I really like you」になりました。

彼は私に対して「I love you」という気持ちに達していなかったのか、もしくは全く使わない人だったのか真相はわからないんですが、そんなこともあります。

 

国際恋愛は私もしてきましたし、周りの友人の話もよく聞くので、もし相談があればお問い合わせからどうぞ。

国際恋愛は周りに経験をしている人がいなかったら全くわからない。

是非ご相談ください。

国際恋愛カテゴリの最新記事